てなわけで、新ブログへやってまいりました!!!タイトルがちょっとだけ変わりましたが、内容は全然変わりません。「夫夫」だと普通に変換しても出てこないしな~と思ったりして・・・。「夫婦」でも「夫夫」でも、そんなに強いこだわりがあったわけじゃないんで、わか

カエルからの逃亡生活・・・については、ものすごい省きました!! ていうか、省いたところだらけ! (あと40回くらいで終わりたいから)の続きです。 なんのこっちゃ・・・ 便所に流すといえば、私、汚れたパンツを洗っていて、 うっかり流したことがあります

とうとうマンチキン ランドへカエルがやってきた・・・の続きです。 記憶については、もちろん主観であり、 本当の事とは違う部分もあるかと思います。 でも、その時、その場所で、自分が思った事や感じたことは、 紛れも無い「事実」です。 私の場合、中学生

前回、カエルのDVから逃れる為、 北の国の魔女のところへ帰る決心をした母と、 そしてマンチキン ランドとは・・・の続きです。 目を突いて片目が無くなったことと、 社会生活に支障が・・・についての関連性については、 叔父とそれほど親しくしたり、よく会っ

超コワイおにごっこで、無事に鬼にならずに済んだ私たちは、 カエルのDVから逃れるため、緊急避難所的なエホバの信者のお宅に。 そして、母の下した決断とは・・・の続きです。 ※1 正式な信者の人たち同士は男性なら「○○兄弟」女性なら「○○姉妹」と呼び合

元旦から すげー字が汚い・・・と アップしてみて思ったけど いまさらかっ! 皆様にとってよい一年になることをお祈りしておりますっ ではでは 【読んだよ~の1クリックお願いします…❤】 ↓ ↓ ↓ ↓ 人気Blogランキング

これの次に怖かったおにごっこはフジQの ナントカ病棟ってやつだったでしょうか(あれはあれで本気で怖かった) エホバを擁護するつもりは少しもないのですけれども、 この件に関しては、緊急避難的シェルターのような隠れ家の手配から、 その後の資金提供まで、結

引越し作業のため、中断しておりましたが、 前回「ハルマゲドン前夜」の続きでございます。 前回までのあらすじ ↓ 『浮気とDVと宗教をまぜると、子どもの頭がおかしくなる。』 では、どうぞ。 置き去りにされておいて、なんですけれども、 今思うと、私は、

「ぺっちょろすとうっとぅ」がすっごい変なところで 中断する形になってしまいまして、 読んでくださっていた方たちに申し訳ないなあと思いつつ、 引越後の生活もなんとか落ち着いてきたところなので、 またぼちぼち再開したいと思います。 とにかくものがゴチャゴチャし

前回の続き、後編です。 DVで浮気癖のある父と、その母であった魔女の死、 その後見つけたもの・・・ そして、私はタイムマシンに乗って 小学校へ入るか入らないかの頃へ戻ったのでした まる 実際、家の中のことなんてわかんないんだけどさ、 仲良さそうにして

またしても、胸糞わるい話の続きでございます。 ババアが死んで、残していったもの・・・。 twitterに書いた通り、先週は更新できませんでした(汗) しかも、今回の分、前後編にわかれちゃった、てへ☆ もうすぐ引越な上に、仕事やその他やることもモリモリあって、

前回「私の父はDVカエル男でした」の続きです。 宗教とDVとかこんがらがって、嫁姑戦争も相当ねじくれていたような気がします。 わりと、冷静に書こうと心がけているのですが、 ババアのことだけは、ダメですね・・・。 天国か地獄か、どこにいるのかわかんない

前回、「生まれる前から家庭内戦争はじまってました」のつづきです。 はっきりいって、他人の性生活なんてどうでもいいし、 自分もたいがいだと思うので、人のこと言えないんで、 書きたくもないんですが、 でも、それは、自分が巻き込まれなければの話です。 片親

前回、成人前後で無事にやめエホバできました、という話の続きですが。 時系列的には、また幼少期の話に戻ります。 「DVと浮気はビョーキなので、本人に治療する気持ちがないと治らない」とは常々言っているのですが、 宗教と一緒で、心が縛られてしまうと、 身動き

↑このページのトップへ